MENU

進撃の巨人の電子書籍が安いストアは?おすすめの激安で読む方法を大公開!

進撃の巨人の電子書籍が全巻安いのはどこ?おすすめの安く読む方法を徹底調査!

※本記事にはプロモーションが含まれています。

34巻で完結となった進撃の巨人

人間が食べられる世界観、巨人と人間の間にある歴史の闇、混沌とした世界で揺さぶられる主人公エレン

また登場人物の会話の中に伏線がかなり多いので、読み手としても想像力が働かされる面白い漫画です。

結論からいうと、進撃の巨人を最安値で購入するにはAmebaマンガがおすすめです。

この記事では、進撃の巨人全巻を買うのにおすすめの電子書籍サービスを詳しく紹介します。

いーぶっかー

進撃の巨人をお得に読みたい方は、いくつかのサービスをうまく組み合わせて限定クーポンを使い切るのも1つの手です!

スクロールできます
マンガサービスロゴおすすめ度お得なポイント品揃え
【1位】
Amebaマンガ
Abemaマンガ100冊40%OFF
月額プランで半額以上お得に
40万冊以上
【2位】
eBookJapan
初回ログインで
70%OFFクーポン×6枚
80万冊以上
【3位】
コミックシーモア
コミックシーモア無料会員登録で
1冊70%のクーポンゲット
99万冊以上
目次

年間200冊以上の漫画を読むオタク編集部
ありとあらゆる電子書籍・漫画を使いこなすスペシャリストです。
≫「いーぶっかー」の運営者情報を見る

本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。当メディアは文化庁/政府広報オンライン/日本漫画家協会を参考に記事を作成し、最新情報と記事の正確性を検証しています。

進撃の巨人の安い電子書籍ストアと他社サービスの料金比較

進撃の巨人の1~34巻全巻の価格比較です。

サービス名全巻まとめ買い料金在庫・注意点
Amazon16,907円
楽天16,907円
漫画全巻ドットコム16,907円
メルカリ6,000~8,000円〇(全て中古)
ブックオフ5,610円〇(全て中古)
Amebaマンガ9,530円(全巻50%割引適用時)
eBookJapan13,855円(6冊まで70%割引適用時)
コミックシーモア14,922円(1冊まで70%割引適用時)
2023年4月現在

進撃の巨人を全巻読むなら、Amebaマンガがもっとも安いです。

進撃の巨人は、安価でメルカリやブックオフでも購入可能です。

在庫状況はあくまで現時点での確認となっている為、ご注意ください。

ただ単行本の中古は、購入してから読むまでに“すこし時間がかかる”点がデメリット。

電子書籍なら、買ってすぐに読める&どこでも読める&漫画を置くスペースも取らないのでおすすめです。

進撃の巨人の電子書籍をレンタルできる安いサービス

サービス名レンタル料金
Renta!取り扱いなし
シーモアレンタル取り扱いなし

進撃の巨人の取り扱いはいずれのレンタルサービスもありません。

通常価格で「購入」という形になるので、注意しましょう。

進撃の巨人は全巻電子書籍が安い!安く読む方法&お得なサービス

進撃の巨人を全巻読むのにおすすめの電子書籍サービスは、次の3つです。

スクロールできます
マンガサービスロゴおすすめ度お得なポイント品揃え
【1位】
Amebaマンガ
Abemaマンガ100冊40%OFF
月額プランで半額以上お得に
40万冊以上
【2位】
eBookJapan
初回ログインで
70%OFFクーポン×6枚
80万冊以上
【3位】
コミックシーモア
コミックシーモア無料会員登録で
1冊70%のクーポンゲット
99万冊以上

進撃の巨人の電子書籍を全巻最安値で買うなら「Amebaマンガ」

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

公式サイト:https://dokusho-ojikan.jp/

Amebaマンガの魅力とは…
  • 無料会員登録でどれでも100冊まで40%オフ
  • ボーナスコインが付与される月額プランがある
  • 無料マンガは4,000冊以上のラインナップ
  • 東証一部上場企業が運営していて安心安全

Amebaマンガの注目ポイントは、無料会員登録で初回100冊まで40%OFFクーポンがもらえる点です。

進撃の巨人は全巻34巻なので問題なくクーポンが使用できますね

1〜34巻購入で、紙コミックス版で購入した場合と40%OFFクーポンを使用した場合との金額を比較しました。

紙コミックス16,907円(税込)
Amebaマンガ
40%OFF適用
8,568円(税込)
お得な金額(差額)8,339円(税込)
紙コミックス価格は、漫画全巻ドットコム参照
いーぶっかー

紙コミックスのほぼ半額で読めるのはかなりお得!

このクーポンは配布終了時期未定のため、早めにゲットしておいたほうがお得です。

マンガを購入する際は、Amebaマンガ内でのみ利用できる通貨「マンガコイン」の月額プランを利用するのがおすすめ

初月特典で、最大50%分のボーナスコインが獲得できます。

スクロールできます
プラン月額(税込)基本コイン初月特典継続特典
Ameba
マンガ8000
8,800円8,000+2,400+1,920
出典元:Amebaマンガ公式サイト

進撃の巨人全巻を「Amebaマンガ8000」プランで支払うと、2,400円相当のコインが貰えます。

この月額プランは、いつ解約してもOK!

初月特典を貰って解約するもよし、続けて継続特典を貰うもよしですね。

いーぶっかー

ちなみに、Amebaマンガ8000プランを継続すると1,920円相当のコインが追加で付与されます!

東証一部上場企業が運営するAmebaマンガ。安心安全でなおかつ、お得さを追及する方におすすめのサービスです。

\今なら100冊40%OFFのコイン還元期間中!/

※激安クーポン発行は予告なく終了します

進撃の巨人をAmebaマンガの電子書籍で読んだ人の口コミ

まず、シュチュエーションが斬新すぎて、1巻読んだだけで鳥肌がたちましたよ。巨人が怖すぎて、もう絶望的なんですよね。こんなんどうやって生き残っていけばいいのやら。自分がその立場だったらと考えたらと思うとゾクゾクしてしまいましたね。そしてこの作品に出てくるキャラクターたちの悲壮感漂う顔が何とも特徴的なんですが、そりゃー損な顏にもなりますよね。だって、巨人こわすぎなんだもの。でも、そんな中で、人間達もなんとか生存しようといろいろ試行錯誤考えてはいるんですが、立体起動装置とかいやいや生身で斬りかかるとかありえないでしょ。絶対に巨人の方がつよいじゃないですか・・・。もっと砲台とか爆弾とかもって戦ったほうがいいとおもうんだが・・・。始めは人間VS巨人の構図だったんですが、後半から何やら違った展開に。そして、そこから伏線がいろいろ張り巡らされていることに気づき、最終的には見事な回収をするんですが、もうねー世界観も含めて作り込まれている感じがすごくて、すばらしすぎますね。途中意味わからなくなるところもあるんですが、後々全部回収してくれるんで何度よんでも新しく気づくこともあるからぜひ読んでほしい作品です。

進撃の巨人の電子書籍を6冊以内に抑えて読むなら「ebookjapan」

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

公式サイト:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

ebookjapanの魅力とは…
  • 初回ログインで70%オフクーポン×6枚もらえる
  • 毎週曜日ごとにキャンペーンがある
  • 品揃えは業界トップクラスの85万冊以上

eBookJapanでは、Yahoo!JAPANのIDで初回ログインすると70%オフクーポンがなんと6枚も貰えます。

70%オフクーポンが6冊も使えるなんて、まさに赤字覚悟のセール。

初回ログインから6か月以内の有効期限があり、その期限内であれば6回まで使用できます。

クーポンを使用すると紙コミックス版の半額以下の価格で購入できるので、かなりお得です。

いーぶっかー

とりあえず6巻まで読んでみようという方にオススメです!

ebookjapanには、他にもセールやクーポンが盛りだくさん!

ebookjapanのおすすめの特集・キャンペーン
出典元:eBookJapan公式サイト

毎週曜日ごとのキャンペーンが特徴的です。

曜日ごとのキャンペーンをまとめました。

スクロールできます
曜日キャンペーン名内容
火・木「まとめ買い」が
お得キャンペーン
6,000円以上購入で使える
1,500円オフクーポン付与
第一巻が
お得キャンペーン
対象作品の第1巻が
50%オフで購入できる
誰でも金曜日は
お得キャンペーン
キャンペーンエントリーで
購入金額の10%相当のPayPayポイント付与
土日・祝週末クーポン15%割引クーポン付与
2023年4月現在の情報です。

さらに、Yahoo!プレミアム会員、PayPay、ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーを対象としたお得なキャンペーンや高額なポイント還元もあります。

上記会員の方へ特におすすめのサービスです。

\YahooIDログインで70%OFFクーポン×6枚!/

※YahooIDを持ってなくても登録は3分で終わります。

進撃の巨人をebookjapanの電子書籍で読んだ人の口コミ

進撃の巨人の見どころは何といってもその伏線の複雑さとストーリーの壮大さです。特にストーリーの壮大さには驚きを隠せません。初めは親を殺された復讐のために調査兵団へ入団し、親の仇を打つ王道のストーリーかと思いきや、なんと主人公自身も巨人であることが明らかになります。そして、ここから物語は複雑さを増していくのです。まず初めに、なぜ主人公、エレンは巨人化することが可能なのか。当然ですがエレン以外の普通の人間は巨人化することなど不可能です。(例外が何人か登場しますが)この謎にはどうやら父グリシャがエレンに打った注射が大きな原因となっているようです。しかし、エレンはその時の記憶が曖昧でよく覚えていません。この謎は物語後半で明かされることとなるのですが、その謎を明かすことにより巨人たちの悲しい過去が明かされていく事となります。次に壁の外はどうなっているのか。物語を知らない人でも「進撃の巨人は壁の外を目指して戦う物語である」という事を知っている人は多いのではないのでしょうか。ネタバレをすると壁の外の世界をエレンたちは見ることができます。しかし、これが新たな戦いの種となってしまうのです。むしろ壁の外に出てからが進撃の巨人の本編と言っても過言ではなく、ここからの物語には目を見張るものがあります。そのあまりの伏線の多さと、凄まじいストーリー展開で話題となった進撃の巨人ですが本当に面白いので一度その目で確かめていただくのをお勧めします。

進撃の巨人の電子書籍を「コミックシーモア」で読むなら70%OFF

コミックシーモア

公式サイト:https://www.cmoa.jp/

コミックシーモアの魅力とは…
  • 初回会員登録で70%オフクーポンがもらえる
  • 国内最大級の品揃えで他ストアにはない漫画も豊富
  • 女性向け作品が多く、少女漫画や女性漫画、BLなども取り扱いあり

コミックシーモアは、国内最大級の電子書籍ストア

試しに1冊購入して読みたい方は、今なら初回会員登録で70%オフクーポンがもらえるキャンペーンを使いましょう。

いーぶっかー

70%オフクーポンは業界最安値!

さらにコミックシーモアは取り扱い作品数も多いため、無料コミックの多さも業界トップクラスです。

進撃の巨人のような有名マンガ以外にも、色々なジャンルの漫画と出会えるのも魅力の1つ。

初回登録後に、“知らない無料漫画を調べて読んでみる”という楽しさも兼ね備えた総合力の高い電子書籍ストアですよ。

70%オフキャンペーンはいつ終わるか未定なので、後で登録して損する前にサクッと登録しておきましょう。

コミックシーモアのスタッフによる進撃の巨人の見どころ

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生! これが21世紀の王道少年漫画だ!!

引用:コミックシーモア公式サイト-シーモアスタッフ

\初回登録で70%オフクーポンがもらえる!/

※激安クーポン発行は予告なく終了します

進撃の巨人をコミックシーモアの電子書籍で読んだ人の口コミ

進撃の巨人のコラボ商品やコラボカフェなどが出始めた頃に、どんなストーリーなのかと気になって読んでみました。
最初は見る人によっては好みの分かれる画風かと思いますが、段々話が進むにつれて絵もうまくなっていきますし、
最初に感じていた遠近感の違和感なども徐々になくなっていくので、作者の画力の進歩がみられるところも見どころだと思います。
個人的に好きなシーンは、人気音楽ユニットのCreepy Nutsの二人が巨人として描かれているシーンと、
最後の展開で敵側だった人たちと力を合わせて地ならしを全力で止めに行くシーンです。
なんだかんだで人類を助けるために自分たちが敵だと思っていた人たちと手を組むのが胸が熱くなります。
特に、前に進もうとするときに自分を殿として仲間たちを先に行かせるようにする教官たちやハンジ、
自分だったらこんな決断出来るのだろうか、と考えさせられます。
最後の最後にエレンがアルミンと対話するシーンで、ミカサのことは?と聞かれ今まで見せてこなかった執着心や嫉妬心に溢れているエレンを見たときに、
彼もやっぱり1人の恋する男性だったんだなーとほっとしたのと、自分もこういう風に想われたいなと思いました。

筆者が進撃の巨人の電子書籍を読んで面白かった点

進撃の巨人を読んで面白かった点は、混沌とした世界観・伏線の多さ・登場人物のキャラクターの濃さです。

まずなんといっても進撃の巨人は、世界観が凄く面白いです。唯一無二の世界観と言っても過言ではありません。人間が壁の中に囚われており、壁の外には人間を食べる巨人がうろついているというところから物語は始まります。何故このような状況になってしまったのかを、主人公や登場人物を通して解明していくことになります。読む側からしても、人間や巨人の深い闇を探っていく感覚を得られる、素晴らしい漫画です。

また進撃の巨人は、伏線が多い漫画としても有名です。伏線といえば、ワンピースを思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。私個人としては、ワンピースを超えてくる伏線の多さだと思います。「何故、あの人物はあんな事言っていたんだろう…」というシーンが多く、読む側の想像力が働かされます。伏線は後ほどしっかり回収され、謎めいた行動や発言が解決したときの快感はたまりません!

最後に登場人物のキャラクターの濃さも、進撃の巨人の魅力です。主人公は勿論エレン・イェーガーですが、周りの登場人物の背景はそれぞれ重いものがあるんですよね。まるで登場人物全員が主人公なのかと感じられる漫画です。また巨人に食べられるかもしれないという究極の極限状態だと、人間はどのように行動するのかという部分もリアルなので、是非見てみてくださいね。

いーぶっかー

主人公エレンや仲間と共に、巨人の謎を解き明かしましょう!

進撃の巨人の基本情報

スクロールできます
作品名進撃の巨人
出版社講談社
作者諫山 創
発表期間2009年9月9日 – 2021年4月9日
テレビアニメ第1期:
2013年4月7日 – 9月29日
第2期:
2017年4月1日 – 6月17日
第3期 Part.1:
2018年7月23日 – 10月15日
第3期 Part.2:
2019年4月28日 – 7月1日
第4期 Part 1:
2020年12月7日 – 2021年3月29日
第4期 Part 2:
2022年1月9日 – 4月4日
第4期 完結編:2023年
公式サイトhttps://shingeki.tv/final/

進撃の巨人のあらすじ

ウォール・マリア南端より突出したシガンシナ区で生活する少年エレン・イェーガーは、医者の父グリシャと母カルラ、そしてイェーガー家に引き取られた幼馴染ミカサ・アッカーマンと一緒に暮らしていた。壁の外の世界に憧れるエレンは、壁外調査へ出られる調査兵団への入団を希望していた。壁外調査は多数の死亡者を出すことから、カルラやミカサには入団を反対されるが、それでもエレンは幼馴染のアルミン・アルレルトと壁外への夢を語り合うのだった。エレンが10歳となった845年。突如現れた、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が破られ、巨人の群れが壁内に侵入する。全身が堅い外皮に覆われた「鎧の巨人」によって遮断不能となったウォール・マリアは放棄され、人類の活動領域はウォール・ローゼまで後退することになった。目前で母カルラを巨人の一体に捕食され、故郷、夢、全てを奪われたエレンは巨人の駆逐を決意し、ミカサ、アルミンと共に第104期訓練兵団に入団する。シガンシナ区陥落から5年、訓練兵団入団から3年後の850年。全課程を修了し、トロスト区の固定砲の整備を行っていたエレンの前に「超大型巨人」が現れる。再び蹴破られた扉から無数の巨人が侵入、トロスト区は混乱状態となる。運悪く、対巨人戦に慣れた調査兵団は壁外調査のため不在であり、トロスト区の駐屯兵団と104期訓練兵団の卒業生が合同で巨人討伐を開始する。エレンはアルミンと同じ班になるが他の班員は全滅し、自身もアルミンの身代わりとなって巨人に捕食されてしまう。

引用:wikipedia

進撃の巨人を実際に読んだ人の感想と見どころ

ここからは、実際に進撃の巨人を読んだ人の感想をまとめていきます。

「読む前に実際に読んだ人の率直な意見を聞きたい…!」という方はぜひ参考にしてください。

進撃の巨人の感想や見どころについては、いーぶっかーの独自調査にて行われています。

以下、調査概要です。

調査目的進撃の巨人の感想や見どころの調査
調査方法インターネット調査
調査対象進撃の巨人を電子書籍で読んだ経験のある10代から50代の男女
調査人数6人
調査媒体クラウドワークス
クラウドワークスの進撃の巨人の感想や見どころの調査
他の人の感想を閉じる

壁の中で暮らす人間の前に現れたのは大型の巨人。巨人によって人類が破壊され親が喰われめちゃくちゃにされ、巨人を駆逐することを夢見る主人公エレンとその仲間達。それぞれの思いが最初から最後まで複雑に絡み合っているところも見どころの一つです。人間を食べて生きる巨人。巨人とは一体何者でどこから何のためにやってくるのか。前半はただ人間がくわれるだけなのでドキドキ感が止まらないです。登場人物が多くそれぞれの過去なども描かれているので何度か読み直したりしないと内容が難しいのも進撃の巨人の見どころなど一つだと思います。徐々に明らかになってくる人間と巨人の関係。全ての真実を知った時にそれぞれの人物はどう感じてどう選択して行くのか。人類を守るためのキーとなる主人公エレンは何を思い行動しているのか、後半は特にストーリーが複雑なのでついて行くのがやっとではありましたが、伏線もしっかり回収されていて面白い漫画でした。漫画を読み進めて行く中でも現在と過去、壁の中と外の世界の話が複雑に入り混じってくるので話を忘れないうちに一気に読んでしまうのがいい漫画だとも思いました。終わり方も納得できるラストでよかったなと思います。

進撃の巨人を初めてみたとき、最初から衝撃を受けました。
第1話では主人公の母親が巨人に食べられれことで主人公は巨人を駆逐するという目的を持ち兵士になります。
ずっと平和だったという始まりかたを一瞬で地獄に変えたのはグッと引き込まれました。
またありそうでなかった巨人と人類の設定にも面白いなと思いました。
主人公や仲間が兵士になって巨人と戦うシーンは迫力があります。また、
立体機動装置など進撃の巨人ならではの武器など作者さんのこだわりが伝わってきます。
また毎回何が起きるのか分からないストーリーにどんどん読み進めてしまいます。
主人公のエレンが無事兵士になり仲間と任務にあたっている際に壁が壊されたり、
仲間がどんどんやられていくなど希望からの絶望に叩き落すのが多いです。
主人公が巨人に食べられてしまうシーンにはとても衝撃的でした。
他にも主人公や意外な人物が巨人になれる力を持っていたりと読者に常に刺激を与えてくれる作品だと思いました。
そして、進撃の巨人の見どころは謎が多いところです。
巨人はどうやって生まれたのか、巨人の力はどうやって継承したのかなど
次から次へと謎が出てきます。
またその謎が伏線回収されるときとても驚きます。
作者の伏線の散りばめ方にはとてもすごいなと圧巻されました。
かなり内容は衝撃的でショッキングですがとても面白いので是非最後まで
読んでほしい作品です。

進撃の巨人は人間と巨人との戦いを描いた物語で圧倒的な体格と身体能力を持つ巨人が徘徊する世界では人類にとって巨人は脅威となる存在となっています。それに対して人類は調査兵団をはじめとした軍事組織や兵器に策を用いたり城塞都市のようなものを築いて巨人に対抗しています。見どころの一つには、人類と巨人との戦闘シーンが魅力的です。まるで怪獣映画に出てくる怪獣のようなサイズの巨人相手にするので普通なら勝ち目がないと思いますが人間は集団戦法や罠を駆使したりして戦って以外にも人類は巨人相手に善戦をしますが、当然人間側にも犠牲者が出ることもあり恐怖や苦痛の中での断末魔といった絶望感溢れる展開も魅力的です。進撃の巨人のもう一つの見どころには数多くの登場人物達の人間関係や巨人をはじめとした謎の解明があります。本作の主人公であるエレンと仲間でもあり幼馴染でもあるミカサやアルミンなど個性溢れる登場人物達の人間ドラマや自分の思い入れのある人物の結末はどうなるのか?といった点や、物語が進むと次第に何故この世界には巨人が存在し徘徊しているのか?巨人の正体は何なのか?巨人はどうやって誕生したのか?といった次第に明かされていく謎めいた物語も魅力的です。気になった方は是非最後まで読んで下さい。

まだ見たことのない外の世界を見るために、仲間だと思って一緒に訓練し戦ってきた仲間からの裏切り、巨人だと思って戦ってきた化け物が実は同じエルディア人だったこと。幼馴染との派閥、外の世界で悪魔と呼ばれ差別されてきた何とも言えない悔しさ。最強の戦士、仲間の戦士をたくさん見殺しにしてでも世界を救うためにエレンを中心とする調査兵団たちの辛く厳しい戦いをリアルに描いている。一番の見どころは、エレンの住んでいる壁が壊された時から、これがすべてエレンが作り上げてきた世界だったということ。ここは本当にショックだった。エレンと、ジーク、王家の血を引く2人の兄弟がお互い違う世界を求め、争う。そのたびに、たくさんの大切な仲間が失われていく。中でも獣の巨人の投石によって人類が全滅しかけてもなお生き延びる、あの場面の迫力は何回でも繰り返してみたいところだと思う。面白いキャラクターサシャも海を渡ってからガビによってあっけなく打たれて殺されるシーンは本当にショックだった。この作品では、戦争、差別、仲間との団結力、それぞれのキャラクターに背景があって、巨人の謎に迫る。何回でも繰り返してみたい作品になっている。個人的にはユミルの背景も好きです。

その内容の深さから話題になり、アニメ、映画、そしてミュージカルとメディアミックスも豊富な「進撃の巨人」ですが、この作品の最大の見所は「誰が味方かわからないハラハラ感」だと思います。主人公すら信用してもいいのかわからない。心を許した相手が次の瞬間には裏切っている。あるいは命を落としている……誰を好きになってもソワソワしてしまうという点は、心臓の弱い人にはなかなか向かないかもしれません。しかし、そんな高度なやりとりが行われるのも、キャラクター個々人の信念がはっきりしているからこそ。それぞれが自分の個性と能力を生かして残酷な現実に向き合いながら戦い続ける姿には、尊敬すら覚えます。個人的に大好きだったのはジャン。彼は登場した当初はいわゆる「自分の才能を鼻に掛けるようなキャラ」として出てきて、主人公のエレンとも喧嘩を繰り返します。しかし訓練生時代に残酷な現実を目にし、大切な仲間を失い、それによって自分の甘さを認識し、覚悟を新たにしていく。超人的なキャラクターも多々いる中、その一種の心の「弱さ」とその成長は、生々しい人間の感情を見せつけてくれた気がします。巨人と戦うファンタジーという現実には起こりそうになさそうな設定ながら、そこに生きている人間たちの駆け引きは本当にリアルな戦争を見ているかのようでした。漫画としてももちろんですが、リアルな人間ドラマが好きだという人にこそオススメしたい、強い哲学を感じる作品です。

進撃の巨人の見どころは、何と言っても魅力的なキャラクターの多さと、謎!これに尽きます。
序盤は、いきなり悲劇的で衝撃的な展開から始まり、話を追いかけることに必死になりますが、そのうち魅力的なキャラクター達の活躍から目が離せなくなルことでしょう。
わたしは猪突猛進な主人公・エレンが好きですが、ヒロインのミカサも強くて男前で魅力的だし、人類最強の男・リヴァイ兵長の人気は言うまでもありません。人類最強の男、とうと大柄で屈強な大男を想像してしまうと思いますが、リヴァイ兵長は小柄で掃除好き…。このギャップも人気の一つなのだと思います。
また、進撃の巨人の魅力は、シリアスなだけではなく、たまに挟まれる『笑い』の力も大きいです。
巻末の次巻予告についてくるセルフパロディ漫画には、毎回ゲラゲラ笑わせてもらいました(最終巻は必見!)
重くシリアスな話なので、これくらい笑いが混じっている方が読みやすくていいです。
そして、たくさん散りばめられた謎が、読者を最後まで飽きさせません。ついにあの謎が明らかに、と言われると、ついつい気になってしまいます。
インターネット上では、進撃の巨人の謎の考察サイトが溢れ、たくさんのファンが日夜意見を交わしておりました。
完結した今もなお、高い人気を誇っているのも頷ける名作でございます。
まだ読んでいないなんて勿体ない…いや、羨ましいです。これからこの名作を読むことができるのですから。
どうぞ、沼にハマる覚悟を持ってお読みくださいませ。

ぼくが、進撃の巨人を読んで思ったことは、最初から最後まで考えている話だと思いました。巨人にはそれぞれ力がありエレンが持ていたのが始祖の巨人で、壁の外には人間が住んでいてその人たちは壁内人類に怨念を持っていて、エレンが始祖を掌握し地ならしで、その人たちを殺そうとし、仲間たちに自分を殺させ英雄に仕立て上げ壁内人類の立場を守ったというように、最初にあった出来事が最後に繋がるので、作者の諫山先生は天才だとおもいました。最初エレンが無垢の巨人に食べられてしまったときに、こんな序盤に主人公が死ぬなんておかしいと思い、ドキドキしながらつぎの巻を読んだらエレンが巨人になっており、少し困惑しました。そして、エレンが、巨人の力を使いこなせるようになり、大きな岩で壁をふさいだ時には、エレンや、ミカサたちの活躍にうれしくなりました。ぼくが、進撃の巨人をよんでいて、一番驚いたシーンは、ライナーと、ベルトルトが巨人だったと分かったところです。どんなときも誠実だったライナーが壁を壊した犯人だったことにショックをうけました。だけど最後活躍していてうれしく思いました。進撃の巨人は、一巻よむと、すぐにでも次の巻を読みたくなるのでお勧めします。

進撃の巨人の見どころは、謎が謎を呼ぶ展開です。
まず、巨人はなぜ人間を食べるのか、という疑問を持ちます。
その巨人に、主人公の母親が食われるシーンは、初めて見た時かなりのショックを受けました。
主人公はこの世から巨人を駆逐すると誓いを立てます。なので、読み始めて間もない頃は、単純に「巨人と人間の戦い」が描かれていく、と思い込んでいました。
しかし、読み進めていくうちに、どうやらそんな単純な話ではない、と思い知らされます。
なぜなら、主人公が巨人になる、という衝撃の展開があったからです。
さらに、主人公は巨人になる力を自分でコントロールできる。実は主人公以外にも巨人に変身できる人間がいる。その巨人に変身できる人間は壁の外から来た。巨人から逃れるための高い壁は巨人でできている。などなど、次から次へと謎が湧いてくる展開となっています。
これはどういうことなんだろう、だったらあれは何なんだ、ここはこんな意味があったのか。と、早く続きが読みたくなるのはもちろん、前の話を読み返したいとも思う作品です。
あらゆる場面に散りばめられた伏線や謎が、気持ち良いくらいにきちんと回収されていきます。謎がすべて解き明かされて、読み終わった後はすっきりとした気分になれました

『進撃の巨人』を全巻読み終えたけれども、いかにも奥深そうな内容だったからです。最初はエレンが「巨人を全て駆逐してやる!!」って言うことから、巨人を倒す調査兵団に入団をしていたけれども、話の内容に連れて、巨人の正体が明らかとなり、アニーやベルベルトやライナーも巨人との関わりがいかにも深かったので、最終的には巨人と人類との戦争になっていくのではないかと思いました。巨人化したエレンは凄くかっこ良かったです!!特に、アニメの場合はSeason2に当たるけれども、巨人化したエレンと巨人化したアニーが戦っているところが凄くかっこ良かったので、そこの部分が印象が深かったからです。そもそも巨人ていうのは人類との戦争するための人体兵器的な存在なので、特に補食する人間がグロかったです。そこまで内蔵が散るほどグロさはなかったけれども、少々グロい部分はありました。ローズグレートフォールのところの壁の謎が特に気になっていました。調査兵団のキャラクターの個性が濃かったので、キャラクターのそれぞれの特徴を把握することができました。特に見どころなのは、リヴァイ兵長が掃除するところとサシャが芋を頬張るところが一番印象的でした。

進撃の巨人の電子書籍に関するよくある質問

FAQ

ここからは進撃の巨人の電子書籍に関するよくある質問に答えていきます。

サクッと読める内容なので、事前に確認しておきましょう。

進撃の巨人を最も安く読む方法は?

進撃の巨人を全巻最安で読める電子書籍サービスは、『Amebaマンガ』です。

まとめ買いも同じく一番いい方法です。

ただし、6冊以内で試し読みしたいという方は、『eBookJapan』を使えば70%オフクーポンが6枚まで使えるため、こちらを利用しましょう。

また『コミックシーモア』は1冊まで70%オフクーポンがもらえますので、是非使ってみてくださいね。

電子書籍で読むメリットは?

電子書籍で読むもっとも大きなメリットは、外に買いに行かずにお家でポチって読めるので、「もう読み終わっちゃった。続きが気になる…けど外に出るのがめんどくさい…」という時に、すぐに続きを読める点です。

また紙のマンガとは違い、家に置いておくスペースも要らないので、一人暮らしに最適な点もメリットと言えます。

無料で読む方法は?

残念ながら、無料で公開されている電子書籍サイトはありませんでした。

しかし、試し読みは、『Amebaマンガ』『eBookJapan』『コミックシーモア』で可能です。

時期によっては、1巻を無料開放しているケースもあるので、確認してみてください。

kindleで読むはどう?

kindleで進撃の巨人全巻を買った場合は、税込15,796円です。

漫画全巻ドットコム上、紙コミックスを全巻買うと、16,907円となるのでお得と言えます。

しかし同じ電子書籍でAmebaマンガ40%OFF適用であれば、全巻8,568円で読めるので、

Amebaマンガ』の方がオススメです。

浮いたお金で、他の気になる漫画も読めますね。

まとめ:進撃の巨人の電子書籍が全巻安いのはどこ?おすすめの安く読む方法を徹底調査!

この記事では進撃の巨人を安く買うために、3つの電子書籍サービスを紹介しました。

どのサービスも、特徴的なクーポンやセールを多く実施しています。

クーポンやセールは随時更新されるので、お得な情報を見逃さ無いよう早めに無料会員登録してみてください。

スクロールできます
マンガサービスおすすめ度お得なポイント品揃え
【1位】
Amebaマンガ
100冊40%OFF
月額プランで半額以上お得に
40万冊以上
【2位】
eBookJapan
初回ログインで
70%オフクーポン×6枚
80万冊以上
【3位】
コミックシーモア
無料会員登録で
1冊70%のクーポンゲット
99万冊以上
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次